バーニング石井in大分、試合直前。

関門JAPANボクシングジム


心配されていた台風が過ぎ去り、最高の天気に!(^^) 
朝10時にホテルに隣接している大分イベントホールに入る。

二階の控え室。

試合まで、まだだいぶ時間があるのでバーニングと仮眠。

昼12時を過ぎて、大分から直人の知り合いや友人が続々と集まって来た。
戦友であった寺岡マンも到着。笑
12時から14時ぐらいまで、ずっと挨拶して回るバーニング石井。こんな選手なかなかおらんばい。笑

開場は12時半だったはずなのに、バーニング応援団の皆さん12時にもう座席に着いてます。笑

応援団がいる中、メインの選手がリングチェックというちょっと変わったアップになった。

アマチュアの頃からの定番、住吉とリングでシャドーマス。

関門JAPANのフィーバー真木、ファイン新井、ジャンプ池尾も到着!

さっそく横断幕の準備。

帆足さん夫妻は前日からの大分入り。ありがとうございます!(^^)

直人の甥っ子・・何があったんや!!?笑 プロテスト生に交じってたらしいです。笑

先月、結婚したばかりのあんトキの広樹とバーニング哉太も到着!

試合まで、あと3時間以上ある中、一度目のアップを開始。

山口軍団も仕事を終えた足で来てくれた。ありがとー ぐっさん今日もセコンド頼みます!

中川編集長の花束贈呈も定番化??笑 ありがとう。

前日からの付き人&写真撮影のチェンジ濱島もお疲れさん。

ここ数ヶ月ずっと持ってきたミットでパンチの打ち方の根本に変化が出てきている。
しかし、一ヶ月前の自転車事故の為にそのパンチを一度も対人で打ち込んではいない。
シャドーマスとミットだけの一ヶ月。きっと距離感や実戦の勘に影響があるだろう。

そんな不安は拭えないものの、「今できる事」の中でベストを尽くす他にない。

内藤チャンピオンのトークショーがおこなわれている中、試合用のテーピングを始めた。

今回、カットマンを務める事になったアクセル住吉。八つ墓村スタイルで挑む!笑

地元大分、津久見からの応援、大型バス二台が到着!お父さん、お母さん、ご尽力ありがとうございました!<(_ _)>

席はほぼ満席。立ち見もかなり入っている。

内藤チャンプのサイン&写真撮影会。一回1000円だけど、かなり人が並んでいました。(^^)
ちなみに僕はトイレの洗面所で偶然お会いして少しお話をさせてもらいましたがテレビのまんまです。笑

トークショー。残念ながら見てません。(^^;)

再びミット打ち。切れ、スピードはやはり今までにない感触。
スパーリングをしていない一ヶ月間があり、どうやってこのパンチを当てるか?
序盤は様子を見て、試合の中で距離感が戻るのを信じるしかない。
勝負は4ラウンド以降からにしようと話した。
「期待」と「不安」が入り交じる。

頭を冷やし・・

スタンバイ完了~ 

この時点で、緊張感や不安が高まっている様子の直人に一言「負けてもいい。それも経験。ベストを尽くそう」。

控え室にバーニング石井の入場曲が響いてくる中、関門JAPANの皆とグローブを合わせて・・

いざ!出陣!!

直人の要望で会場入り口の前で円陣を組み一声!「大分にも勇気と感動!行くぞ!!」「おおーーっ!!」
今日の相手はケーオークラ選手ではない。バーニング石井の真の敵は、地元大分で大応援団の中での初試合、一ヶ月間スパーリングができていない、強敵続きで一年間白星がなく沸いている勝ちたいという強い思い、それらすべてが重くのしかかっているだろう。
円陣は自分自身の中にいる敵と闘う為に、皆への感謝を再確認したんだろう。
迷わず行けよ!信は力なり!!
最後に気合いが入り、いよいよ会場へ!      バーニング石井in大分 試合内容につづく

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧