アクセル住吉 タイトルマッチまで、あと38日。

関門JAPANボクシングジム


今日は休み返上で出稽古に行く3時間前に、住吉を自宅に呼んでミーティング。

住吉の過去二戦のビデオを観ながら、チャンピオン中谷選手への対策を話す。
「敵を知り己を知れば百戦して危うからず」という言葉どおり、まずは己の長所と短所をよく知る事。
たっぷりと時間を使い、落ち着いて話せた事で住吉に多くの事を伝えられた手応えがあり、僕にとっても非常にいい時間になった。
ここまで、「本気」になって成長させてもらえるタイトルマッチという試練に感謝の思いだ。

その後、日本スーパーウエルター級8位の切間くんのいる折尾ジムへ出稽古。

切間くんは三階級上で身長180センチ。チャンピオンの中谷選手も180センチ。

タイトルマッチが決まってから、ずっと練り上げ続けているボクシングを余す事なく試したい。

8ラウンドのスパーリングを終えた。
ドロニオ戦前のスパーリングが過去最高だったが、それを確実に上回ったボクシングだった。
しかし、まだタイトルマッチまで38日。
まだまだ上げる!まだまだ煮詰める!1パーセントでも勝利を確実なモノに!
絶対勝つ!大阪に勇気と感動を!下関を元気に!              会長

フィーバー真木。

チェンジ濱島。

チャンス望月。
みんな課題と手応えの両方を感じる事のできたいい出稽古になった。
西村会長、折尾ジムの皆さん、今日はありがとうございました。<(_ _)>

決戦まで、あと38日。チャンピオンまで、あと38日。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧