とどのつまりは感謝。

高橋イズム

昨晩、片側一車線法定速度40キロの道で僕の車の前をずっと30キロで走行する教習車がいました。その影響でずっと後ろまで渋滞していました。僕は急いでいましたが、ここでイライラしたり、パッシングやクラクションを鳴らしてはダメです。追い越しもNGです。

 

それは心を曇らせずに日々を晴れやかな気持ちで生きると決めているからです。そこで僕はこの出来事に対する「感謝」を考えてみました。「これは神様が、僕がイライラしないかを試してくれているのだ」と。

 

これは問題です。正解は晴れやかな気持ちでい続ける事。僕は穏やかな気持ちでこのゲームを終えました。「ありがとう」心の中でそう言いました。

 

まだまだ難しい問題も出されますが、幸せな人生とは極力ネガティブ(不平不満)な思いを抑えて、ポジティブ(感謝)な思いを増やす事ができるのかなのだと思います。嫌な出来事も嫌な人に会っても晴れやかな気持ちでいる事。すべてに「感謝」。一つ成長させてくれてありがとうと。

                                 おしまい

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧