ジュニアスクール五期生の卒業式。

今日の下関ジム


本日はジュニアスクールを卒業する四人の卒業参観練習。

心を静め、集中力を高める座禅。

最後の「心の勉強」、テーマは「勇気」にした。
今まで因果の法則や波長、正負の法則を説いてきた。
経験の少ない彼らがすぐにそれらを理解し、実践し、自分の信念となるにはまだ当分時間が掛かるだろう。
それでも種は蒔いておきたい。それが僕の指導者として「今できる事」だと思っている。
「勇気」は、今から中学に上がり、高校、大学もしく社会に出て行く事になる彼らに一番贈りたい言葉だった。

その後、いつもどおりの練習を見て頂く為に、住吉神社でのランニングへ。

桜が咲き出した住吉神社。

みんなで走るのは最後となるラストラン!

最後まで諦めずに頑張れ!!(^^)

ジムに戻り、シャドーボクシングから・・

キャプテン「パンサー凌久」のミット打ち。

副キャプテン「スカット蓮」。

「マルガリータ斗真」。

「スプリング勇樹」。

受験勉強で忙しくなるので今日でジュニアスクールを辞める事になった5年生の「スマイル康史」。
1年生から入ってきて可愛かったヤスが今では、むちむちの軽いプロレスラー体型に。笑
医者になりたいという夢に向かって笑顔を忘れずに頑張れ!スマイル康史!(^^)

そして卒業証書授与式。

「卒業証書。第五期生パンサー渡邊凌久殿。あなたは関門JAPANジュニアスクールにおいて心身共に成長した事をここに証明します。H27年3月28日。関門JAPANボクシングジム会長 高橋正行。おめでとう!」

「卒業証書。第五期生スカット京山蓮殿。あなたは関門JAPANジュニアスクールにおいて心身共に成長した事をここに証明します。おめでとう!」

「卒業証書。第五期生マルガリータ井上斗真殿。あなたは関門JAPANジュニアスクールにおいて心身共に成長した事をここに証明します。おめでとう!」

「卒業証書。第五期生スプリング椿勇樹殿。あなたは関門JAPANジュニアスクールにおいて心身共に成長した事をここに証明します。おめでとう!」


四人一人一人に贈る言葉を。
嬉しい事にみんな中学に上がってもジムでボクシングを続けるらしいので、彼らに対する期待を話した。

住吉からも皆へ贈る言葉。
「失敗を恐れるな。チャレンジしろ。最後まで諦めるな。」と自身の経験から学んだ事を話していた。

毎週土曜日にジムまで送り迎えをしてくれた父兄の皆さん長い間お疲れ様でした。
しかし子供達の学びや成長はまだまだこれからです。

ジュニアスクールで蒔いた種が芽を出し、やがて大きな花を咲かせる事を楽しみにしていてください。(^^)   会長

みんな!これからもよろしく!!遊びはここまで。今後はビシビシいくぞ~!!(^^)
PS 来月4日のジュニアスクールはアクセル住吉のタイトルマッチ前日計量で会長、住吉不在の為お休みとなります。3時からはトレーナーがチェンジ濱島だけですが通常営業致します。お手柔らかにお願いします。(^^;)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧