天孫光臨の地「高千穂」へ。

マサ、心の旅紀行


今年の九州大会は宮崎だったので帰り道、6年前に訪れた天孫光臨の地「高千穂」へ再び訪れた。

6年前の記事はコチラ


伝説の「天岩戸神社」まで、あと少し。


試合会場から約2時間半で到着!


境内へ。


天岩戸神社西本宮本殿。

この後ろに、神話の中で天照大神が隠れこもったとされる天岩戸が祀られていて、前回来たときは頭痛が止まらない程強い神気を感じた。

天岩戸を直接拝観するには社務所に申し込む必要がある。

今回もあの神気を感じてみたく、神職に案内してもらったが、今回は神気を感じる事はなかった。

その理由は後でわかる事になる・・

神職さんが話された天孫光臨の神武天皇(初代天皇)が日本中の人々が飢餓で苦しまないようにと稲を植えて回ったという話を聞いて思った。

僕もいつか日本中に「勇気と感動」を伝えて日本人の心をもっと豊かにしようと。


一度境内を出て、こちらも神話に出てくる天安河原へ向かう。


この橋の上は、あのスピリチュアルカウンセラー江原さんが絶賛した最強のパワースポット。

橋の上で何度も呼吸法をしてパワー入れてきた。笑


天安河原。

ここは精神的に弱っている人はあまりいかない方がいいらしい。


水と緑と影のコントラストが普通じゃない。

お土産屋さんでマンゴージュース飲みながら店員さんと話していたら、神気を感じられなかった理由が分かった。

神さんも夕方にはもう帰るから、午前中に来るのがいいという事らしい。

たしかに前回来たのは午前中だったので納得。

僕が男前という事でおにぎりやらいろいろ頂いた。

実は父の日だからだった。照


西本宮から徒歩5分。

そのお店で聞いた天照大神が祀られているという東本宮には始めて来た。


長い石階段を登っていく。


こちらは無人の神社で後ろには神水が湧き出る泉や七本杉があった。


更に東本宮から車で3分。

勝負事や商売の神様として有名らしい「八大龍王水神」へ行ってみた。


水神が祀られているせいか?ただならぬ雰囲気があった。


協栄ボクシングジムの金平会長が奉献していた。

あの鬼塚さんやユーリがいた頃の協栄ジムの黄金期・・

他にもジャイアンツの川上監督や藤田監督など黄金期を作った人達も奉献・・

僕も奮発してお賽銭を500円入れてきた。笑  

さあ、ここから4時間半。自宅までの闘いに勝つ!!      おしまい

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧