関門JAPAN三人衆in広島 試合直前。

関門JAPANボクシングジム


会場のマーメイドスペースに入る。


バンテージ職人のぐっさんが11時半に到着し、選手らにバンテージを巻き出す。


カットマンの宮地さんも応援バス組と到着。


リングが組み上がりジャンプとフィーバーでリングチェック。


アクセル、バーニングでチャンスのグロービング。


チャンスのミット打ちはかなりズレていて、強い緊張がある事が明白だった。

「会長、足に踏ん張りが効きません」

プロ二試合目。初の他興業での試合。初のサウスポーはキャリア四倍。キャリアのないチャンスにとっては当然の反応(緊張)ではある。

住吉らが足を叩いたり冷やしたりいろいろとしてくれたみたい。

だけどリングに上がれば、こいつならなんとかなるやろう。僕的にはそんな感じだった。笑


続いて二試合目のフィーバーもグロービング。


応援組が会場のど真ん中に横断幕を張ってしまい、関門JAPANの興業みたいになってました。笑


フィーバーのミットは完全に通常どおりの落ち着いた感じだった。

これがキャリアの差か?と感心した。きっと例の呼吸法の効果もあるだろう。


「強気で行こう!自分に克って試合に勝つ!!行くぞ!!」

     「おーーっ!!」 と今回は息が合いました。笑


体中にワセリンが塗られて一試合目のチョコボール向井がいよいよ試練のリングへ。


四試合目のジャンプもグロービング。


照明が消え、いよいよチャンス望月の出番!   「関門JAPAN三人衆 三連戦」につづく

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧