チャンス望月(関門JAPAN)VS松岡新(大成) 試合内容。

関門JAPANボクシングジム


プロ二戦目にして、四戦のキャリアを持つサウスポーと対戦する事になったチャンス。

立ち上がりは、この日の為にやってきたサウスポー対策がうなく出来ていない。


レベルの高い松岡選手に対し、要所要所でいいパンチは入るが、どっちが取ったか分からない微妙なラウンドになった。


この後、試合を控えるフィーバーとジャンプも見守る。


2ラウンド。まだペースは掴めていない。

しかし、徐々に相手のパンチへの反応が良くなってきた矢先・・

ガードの甘くなった顔面に相手選手の頭がぶつかり、かなり激しいカットで試合が中断。


かなり大きな傷に試合ストップの可能性も。

なんとか2ラウンドを終え、コーナーに戻ってきたチャンス。

試合がストップされるかもしれない傷を見て言った。「このラウンド勝負して来い!」


3ラウンド。カットマンの処置で血は止まっているが、長くは持たないだろう。

はやく勝負を決めたい。


ラスト30秒を切ったあたりで、相手が前に出ようとした刹那!

チャンスの右が閃光となって突き刺さり、ダウンを奪う!

最後のラウンドは余裕を持ってカウンター等を狙いながら戦い、試合を終えた。


3-0で勝者、赤コーナー チャンス望月!!よっしゃ!!

ー戦からキャリア五戦の強敵、池間選手と戦い、今回もキャリア四戦のサウスポー松岡選手を退けた。

まだまだボクシングも、心も未完成。歳も27歳になった。

だけど、チャンス望月には大きな伸びしろと可能性がある。

この階級で来年は新人王を狙う為にも強敵との試合を組んできた。

何歳からでも、いつからでも本気で望めば、そこには夢を叶える「チャンス」がある!成長する「チャンス」がある! 

                         フィーバー真木VS立松 良(ナカザト)につづく

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧