勇気と感動の関ドラ7 全カード決まる!

関門JAPANボクシングジム

(メインイベントライト級10回戦)

OPBF東洋太平洋ライト級11位 日本ライト級13位
アクセル住吉(関門JAPAN)

VS

元日本Sフェザー級12位
柳 達也(伴流ジム) 
14戦11勝(4KO)3敗(1KO)

'12東新人王Sフェザー級優勝・技能賞
'12全日本新人王優勝
 

これに勝って現在、日本チャンピオン徳永選手との約束「タイトルマッチでのリマッチ」に挑みたい!!
 

(セミファイナル60㎏契約8回戦)

元OPBF東洋太平洋Sフェザー級9位
バーニング石井(関門JAPAN)
VS


OPBF東洋太平洋Sフェザー級15位 元日本Sフェザー級11位
さくら淳(横浜さくら)
13戦12勝(9KO)1敗(1KO)
ボクシングファンなら知る人ぞ知る強敵フィリピンサウスポーですが、勝負は自分次第!自分に克って、絶対勝つ!!
ガベハン戦で見せたあの感動をもう一度!ランキング返り咲きを狙う!
 

 (バンタム級6回戦)

ジャンプ池尾(関門JAPAN)VS瓜生晃一(博多協栄)
※A級昇格の懸かったダイレクトリマッチ
前戦はジャンプの判定負け。この試合で課題を克服し、絶対勝つ!
 

(フェザー級6回戦)

フィーバー真木(関門JAPAN)VS伊集優裕(琉球)
フィーバー初の6回戦
長い闇を抜けたフィーバーが強敵と相まみえる。入れ!フィーバータイム!
 

(バンタム級6回戦)
山本翔(カナオ)VS中島勇太(筑豊)
リマッチ
 

(ウエルター級4回戦)

チェンジ濱島(関門JAPAN)VS野元真一(福岡帝拳)
現在、四戦無敗のチェンジはこの試合を経て来年は新人王戦にエントリ-!
 

(ライトフライ級4回戦)

チャンス望月(関門JAPAN)VS高田勇仁(ライオンズ)
デビュー戦から強敵に二連勝中のチャンスもこの試合を経て来年は新人王戦に!

今回も皆様の期待に添える魅力的なカードをご用意する事が出来ました。
関門JAPANは勝つか負けるか分からない厳しい闘いの中により大きな成長を求め、常に勝負していきます!
また、一人でも多くの方に勇気と感動をお伝えしようと今回からJ:COMさんを通じてCM等を打ちます。これも今まで応援くださった皆様のおかげです。ありがとうございます。

勝負する奴も、勝負する人生も、きっと面白い!皆様に勇気と感動を!
これまでもこれからも変わらない関門JAPANボクシングジムの関門ドラマティックファイトにご期待ください! 
 
                          関門JAPANボクシングジム会長  高橋正行
PS チケット及び特別応援シート等の販売は10月1日(木)より開始予定です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧