ジュニアスクール「心の勉強」素直さ。

高橋イズム


関ドラ7を観に来たジュニア達も多く、今日のジュニアスクール「心の勉強」は「素直さ」について話しました。
バーニング石井の大激闘、勇気と感動は自身の課題である「素直さ」という人としての壁をのり越えた事で生まれたのだと確信しています。
試合前、バーニング石井から僕に送ってきたメッセージには「感謝なくして素直さなしだと思います」とありました。続けて、「僕は今まで感謝が足りなかった」と。結婚し、トレーナーを辞め、ジムから少し離れた事が石井に大きな気づきを与えたようです。
人が伸びる為には自我を捨て、善きモノを良きモノと捉えてすぐに実行に移す「素直さ」が必要です。
10聞いて1しか得られないような選手はチャンピオンにはなれません。
もっと貪欲に成長を目指そう。「嫌だな~」って自我に負けずに今日も成長目指して頑張って走ろう!(^^)/   会長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧