関門JAPAN釜山へ行く!の巻。後編

マサ、心の旅紀行


食いだおれ組と射撃組に分かれ、僕はタクシーに乗って射撃場へ。

なんか戦艦みたいなのが数隻浮かんでる。

説明を受けて、いろんなタイプの銃がある中で、各自選んでいく。
「不二子ちゃんコース」や「ルパンコース」など三種類の銃を10発ずつ撃てるコースがある。

興味半分。怖さ半分。経験こそ宝。ここで何を思うか。

コースを選び、いよいよベストを装着。

フィーバー&アクセル。

僕はダーティーハリーコースに入っているマシンガンのイメトレ。笑

バーニングが最高得点。

リボルバーの銃は衝撃でかかったー
後ろにいるのは仲良くなったチェジュウです。

マシンガンだと玉10発が二秒もたなかった。
通常のガンより衝撃が少なかったのが意外~

終わって、バーニングとフィーバーが高得点で認定バッジ貰った。
僕も途中までいい感じで当ててたんだけど、途中で引き金引いたらバンバンって二発玉が出て大はずれ。
それが2回も。
「こんな事今まで一度もないです」だって。怖っ

再びナムポドンに戻り、ホルモン通りでホルモンとユッケを食べようと思っていたら店が開いてない。

なんとなく入った焼肉店。
あまり言葉が通じない中、なんとか注文を終えて食べていた。

ちょっと多い気もしたけど・・

会計になって、僕らが頼んだ倍の肉を持って来ていた事が分かり一波乱ありました。(^^;)
韓国は日本語大丈夫って言われてたけど、やっぱり言葉の壁あるな~
思わぬ出費になりましたが、これも経験。 経験こそ宝。
ちなみにチョくんと一緒に動いた食いだおれ組は安価で美味しいホルモン鍋をガッツリ食うたらしい。

ソウルからわざわざ僕らのガイドの為に来てくれたチョくんありがとー(^^)/
行き帰りのフェリー内での食事中に関門JAPANの今年の在り方をたくさん話し、親交も深まり、異文化も体験できた。
チェンジは韓国が馴染み過ぎて、「住んでもいい」だって。笑 他の選手らも「また行きたい」ってご満悦の様子でいい旅になりました。(^^)
二泊三日関釜フェリーの旅、悪くない。また行きたい。       完

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧