有り難いは、難しい事が有るという事。

高橋イズム

今回で8回目となる関門ドラマティックファイト。
周りの会長に聞いていた興行地獄という言葉。その意味もしっかり分かりました。
マッチメイク、お金の工面、営業回り、人間関係、ボクシングの向上、選手育成、演出関係、PR活動、と様々な事すべてに関わりながら、現状維持せず挑戦し、攻め続ける中には、いつも怖さ、葛藤、苦しさ、迷い、不安があります。
しかし、それらが僕を強くし、前向きな考え方や涙が出るような感謝を教えてくれました。
僕が以前から言う「苦労なくして成長なし」という言葉は真理だと確信しています。
怖さも不安もあっていい。それらに打ち克つ事が僕にとっての興行の意味。
そしてもう一つは世の中に勇気と感動、そして人間的成長の大切さを伝えるといった使命です。
今回の興行では今までにない挑戦を試みています。その答えは興行が終わってみれば分かりますが、僕は負ける事や失敗する事があまり恐くなくなりました。
すべては経験。人生は実験。そう考えれば人生を楽しめます。
何をも恐れない強く優しい人間になれるように精進していこうと思います。(^-^)     会長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧