お金という課題。2

高橋イズム

先日、少し書いた「お金という課題」の話の一部ですが、お金が欲しい人は、まず出すべきです。
愛が欲しい人も、まず与えるべきです。 呼吸も吐かないと入ってきません。お金が入ってこないと信じている人はお金が出せません。
お金を出さないのは、お金が入ってこないと信じているからだとも言えます。
不安や怖さを抱えて自信を持てないボクサーは負けます。勝ちたいと言いながらも負ける事を信じているから負けを引き寄せてしまいます。それと同じ事だと思います。
出したお金は循環して必ず戻ってくる。そういうポジティブな思いはポジティブな出来事を引き寄せます。
大事なのは自信と笑顔とポジティブな考え方。
ボクシングで勝つ方法と同じ。お金もボクシングも負の連鎖(スランプ)から抜け出すには勇気と人の為にという愛が必要。
熊本への支援物資や義援金を勇気と愛を持ってしていきましょう!あなたの「今できる事」でいいと思います。少しずつ成長していけば強い自信や信念へと繋がっていきます。人の為には必ずや自分の為にもなります!困っている人がいたら助ける。これって人として在るべき当然な姿ではないでしょうか。
これらは僕が興業や経営、ボクシングから学んでいる事です。    会長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧