第13回関門JAPANボクシングジムスパーリング大会。後半

未分類

第一試合。

 

ホップ哲史VSドラゴン樹龍。

 

 

第二試合。スイーツ悠人VSファイアー琉生。

 

 

第三試合。じゃんけん勇輝VSビート響。必殺かえる飛び!笑

 

 

第四試合。ボルドー湧斗VSフロッグ雄登 ※ボルドー棄権の為中止。

 

第五試合。タブレット翔太VSポパイ慶仁。

 

 

第六試合。ホップ哲史VSガッツ優。

 

 

第七試合。スイーツ悠人VSクロコダイル和生。

 

 

第八試合。フロッグ雄登VSヘラクレス尭史。

 

 

第九試合。マリガリータ斗真VSナックル拳斗。

 

 

第10試合。エンジョイ晃司VSパンサー凌久

 

 

第11試合。ビッグバン一樹VSハナ瑞樹。

 

 

第12試合。TK雄大VSペーパー杉山。

 

 

第13試合。世界の山本VSサラヤク平川。

 

 

試合後、抱擁の癖が凄い!笑

 

 

第14試合。ビクトリー勝VSビッグダディ小田。

 

 

第15試合。ウルフ東VS中川編集長。

 

 

第16試合。スカット蓮VSパンサー凌久。

 

 

第17試合。禁断の親子対決!ホエール平井VSウニ太郎蒼大。

 

 

1ラウンドにホエール平井(父)がダウンを奪われるが、2ラウンドにウニ太郎蒼大(息子)からダウンを奪い返すといったドラマティックファイトになった。

 

 

第18試合。ドット小室VS貞包エボリューション。※前大会の再戦

 

 

第19試合。トライ小島VSミッキー武末。またも小島の肩が外れるという事態に一時中断。その後無事試合を再開。

 

 

第20試合。エース古谷VS里ホンダ。

 

 

第21試合。クリスタル純也VSさつま中村。

 

 

ジュニア最優秀選手賞はマルガリータ斗真。斗真は本番に強い!

 

 

ベストバウト賞は平井親子。親子の歴史を物語る素晴らしい試合でした。

 

 

元門司フィットネス選手一期生の古谷に勇敢に挑んだ里が敢闘賞を受賞。

 

 

今回も出入りの効いたうまさを見せたミッキー武末が技能賞を受賞。

 

 

クリスタル純也が最優秀選手賞を受賞。高校ボクシングでも頑張れ!

 

 

そして団体優勝の結果は・・382対390 で!

 

 

青コーナーチームの優勝!!おめでとう!!

 

赤コーナーチームもお疲れ様。※住吉トレーナーは13戦12敗1分。この記録どこまで続く!笑

 

 

青コーナーチーム優勝!!おめでとう!!(^o^)丿  

 

 

第13回関門JAPANボクシングジムスパーリング大会は大変盛り上がった大会となりました。

 

 

事前から大会を煽ってくれていた世界の山本さんとサラヤク平川の対戦は観客を存分に楽しませてくれました。大会での賞はありませんでしたが、この試合を「審査員特別賞」と致します。(^^)

 

 

今回、ベストバウトを受賞した試合は、禁断の「平井親子対決!」でした。ジュニアスクール時代は親が心配するウニ太郎でしたが、彼も高校生になり、親父と対戦というドラマティックファイト。互いに手を抜かない戦いは倒し倒されの感動ファイトとなりました。

 

 

その他にもたくさんいい試合があり、僕を含めたスタッフ一同も大変楽しめた大会でした。

 

 

出場者の皆さん、勇気と感動をありがとうございました。そしてお疲れ様でした。しっかり休んでまた練習していきましょう!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧