アクセル住吉 ネバーギブアップ!

関門JAPANボクシングジム

11月1日に発表されたランキングを見て驚きました。

チャンピオンの西谷選手がタイトルを返上し、空位となった王座を1位の吉野選手と2位のスパイシー松下選手が王座決定戦として戦い、1位の吉野選手がチャンピオンに。

この流れでいくと、ここ数戦日本ランカーに勝ち続けてきた住吉が1位となり、来春のチャンピオンカーニバルでのタイトル挑戦が濃厚だと関係者に聞きました。

東京には多くの日本チャンピオンがいますが地方の日本チャンピオンはあまりいません。

地方の希望としてチャンピオンになってほしいと他ジムの会長から電話も頂きました。

しかし、発表された住吉のランキングは2位で、7位から1位に急浮上した斎藤選手が指名挑戦者に。

関ドラ11での佐々木基樹選手との対戦をクリアし、後楽園ホールでの

「チャンピオン吉野修一郎(三迫)VS同級1位アクセル住吉」

の青写真は崩れました。

住吉は「チャンピオン!チャンピオン!」と常に思い続け「素直、謙虚、感謝」と人間的成長にも意識を向けてきました。

チャンピオンになりたいという思いは東京の選手も地方の選手もみんな同じです。

期待していただけに住吉にもかなりショックはあったようです。

しかし、関門JAPANボクシングジムの、アクセル住吉のチャンピオンは「使命」です。

勇気と感動を下関の皆様に!そして日本中のボクシングファンに!

住吉の座右の銘は「ネバーギブアップ」!

今回貯めたこの思いを爆発させる日が必ず来る!!

その日まで感謝を忘れず、焦らず、腐らず、前向きに「今できる事」を。

逆境こそ成長のチャンス!!

最高の勇気と感動が訪れる瞬間を楽しみにしていてください!!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧