関門ドラマティックファイトvol.12終了!

関門JAPANボクシングジム

昨日の関門ドラマティックファイトベストバウトは「チェンジ濱島VSクドゥラ金子」この試合でした。やはり人間的成長とボクシング的成長の両方がなければ関門JAPANが目指す勇気と感動は起きません!濱島ナイスファイト!

眼科底骨折からの復帰戦で怖さの残る中、スマイル渚もよくやりました。初勝利に家族や友人知人が泣いて喜んでくれていたそうで本当によかったです。今日はスマイルの50パーセント。まだまだこれからです。

ジャンプ池尾の負けには理由があり、今回わかったその壁を乗り越えて欲しいと思ってます。そこに関門JAPANの勇気と感動がありますから。大きなジャンプの前には必ず大きく沈まないとジャンプできないものです。

住吉は序盤に拳を痛めながらの判定勝ちで日本タイトルへの道を死守しました。この一戦で薄々は気づいていた住吉の課題が明からになりました。これで日本タイトル獲得への可能性が大きく上がります。日本タイトルまで、あと一つ!そこに人間的成長が促されてます。

昨日は前々日からの寝不足と大会での疲労、ジムに戻ってからの選手達との反省会でお礼も投稿もできませんでした。また改めてお礼や投稿をしていきます。

応援に来てくださった皆様、応援してくれている皆様、本当にありがとうございました❗

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧