憎しむ心

高橋イズム

ジムにある電話がありました。
内容は言えませんが、その人はかなり感情的になってある人への不満や憎しみを訴えてきました。
そしてジムに入りたいと言います。僕は30分程話しを聞いてから、やわらかくお断わりしました。
人を悪く言うのを聞いて、気持ち良く思う人はいません。
また人を悪く言う人は、立場が変われば僕の事も悪く言うでしょう。
原因は自分にあり、人のせいにせずに前向きに捉える。
もし、どうしてもダメな場合はその人から離れ、憎しみを持つ事はやめるべきだ。憎しみを持つ事はその人と同じレベルになるんだとある本に書いています。
ボクシングだって一緒で相手がガンガンのラフファイトでくるからって自分まで同じ事やっちゃ同じレベルになってしまい上に行く事なんかできません。
しっかりと自分を持ち、相手に惑わされる事なく自分のボクシングを通す。
目には目を、歯に歯を。的な考えはいかんです。
何事も一歩引いて冷静に見れる心を持ちたいです。 マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧