伸びしろ

高橋イズム

「伸びしろ」って言葉、使いませんか? ってジュニアのお母さん達に聞いたところ、皆さん聞いた事ないとの事でした。おかしいなー(;^_^A
意味はその選手があとどれくらいの潜在能力や可能性を残しているのか?の事を「伸びしろ」って言うんですけど、知りませんかねー?
僕は選手達の「伸びしろ」を見ます。よその選手も見ます。
その見方はバランス、力の抜き方、いれ方、リズム感、膝の柔軟さ、体の使い方、メンタル面、等いろいろあります。
確かに体に恵まれた選手やセンスの良い選手はいます。このまま続ければ強くなるな~と思います。
だけど一番はメンタル面です。
体も技術も心でどうにかなるもんです。
確かに世界一のチャンピオンになろうというならすべてが揃わないと難しいとは思いますが…
伸びる子、伸びない子、それは心で決まると思っています。
負けや失敗を恐がらずに常に挑戦しつづける。素直に人の話しが聞ける。努力を惜しまず、人間としても成長し続けている。そんな心のタフな選手はいくらでも伸びます。
自分の敵は自分であり、今日の自分より明日の自分の方が少しでも良くなる為にチャレンジしていく。そんな気持ちを持っていればモチベーションだって保てるはずです。
選手達を本当に強くしていく為にはボクシングを教えるだけじゃなく、心の勉強からしていかないといけないと思っています。
強い人間力を持った選手が強いボクサーでないはずがありませんから。 マサ

  1. ジャブだけマスター

    謙虚で、素直で、反省をする・・・自分と向き合うというのは、実はとても勇気が必要なことですよね。まさに、シャドウボクシング。
    そんな強い人間に憧れますね~。

  2. 会長

    自分の中の自分が1番手強い相手ですけど、地道にやっていきましょう!(^^)/

  3. ジャブだけマスター

    ぶラジャー!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧