合わせ鏡

高橋イズム

住吉は今日の試合、相撲で言う「取りこぼし」をしました。
試合前のアップ時に緊張しているのを感じ、多めのミットで緊張をほぐし、体を緩める努力を充分にし、リングに上がる前には最高の状態ができているのが遠めからでも確認できました。
今年の五月の全日本実業団選手権での失敗が生きました。
僕は勝利を確信していました。
この状態で負けるはずないと…
ゴングが鳴り、試合開始。動きはすこぶる好調。早速、ワンツーでダウンを奪いました。
こりゃあ、早く終わるな。と、思っていました。
ところが、これが落し穴でした。
長丁場の大会。早く終わらせてしまおうと、足を止めて倒しに行ってしまった。
今大会の為に今まで練習でやってきた動きが飛んでしまいました。
その後、相手からダウンを奪われ、奪い返し。のリスクの高い打ち合いになっていきます。
客席から大きな声で今までどおりを伝えました。
2ラウンドに入り少し動きは戻ったのですが、一度狂ったペースはなかなか戻りません。
打ち合いの中でスリッピングアウェー(首を振ってパンチを外す技術)を使った瞬間、レフリーからダウンを取られます。
レフリーからはパンチを打ち抜かれたように見えたんでしょう。
普段から住吉に注意していた心配が的中してしまいました。
その後、すぐ右のカウンターを決めたところでレフリーストップとなりました。
住吉が決めているのに、これもレフリーからは住吉が打たれたように見えたようです。
抗議も考えましたが、判定は絶対覆らないし、こちらにも落ち度はありますから真摯に受けとめようと思います。
ホテルに戻り、二人で買い物に出掛けて話しをし、今回の反省をしました。
いろんな問題を起こしてくれる住吉ですが、これはどうも僕にも与えられた課題なんだと思うんです。
現役時代の僕の悪いクセを見せられている気がします。
親がやった事は子供が同じようになるのと一緒なんですかね?
負けから学び、いつか必ずチャンプを獲ります!
これからも応援よろしくお願いします。m(__)m
明日も直人の試合は続きます!
気持ちを切り替え、皆で直人を盛り上げていきたいと思います!
試合結果をお楽しみに! マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧