体曲がれば影ななめなり。

高橋イズム

【体曲がれば影ななめなり】(仏法の言葉)

怖れや不安、保身、自己顕示、虚栄心、嫉妬心、怒りや苛立ち、悲しみ。

これら自意識の強さが「経済難」「病気」「人間関係」「精神疾患」など多くの苦しみを生み出します。

これらを日々無くす努力をする事。

広く、温かく、動じない穏やかな心を持つ事。

毎日が訓練。

すべては自分次第。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧