桜咲け。

高橋イズム

今日見てきた公園の桜は満開にはかなり足りてませんでしたし、もう葉桜になってる木もありました。

休眠打破のタイミングがズレているのでしょうか。

きっと冬がとても暖かだったからですね。この冬は僕的には、寒いなーって思った日がほとんどなかったですし。

冬の寒さが厳しい程、桜の木はその寒さに負けないように樹液を体内に多く出して身を守ると聞いた事があります。その栄養分(樹液)が桜を満開に咲き誇らせると。

これって人生と同じだと思います。

辛く険しい思いや経験をした時ほど、人は逞しく優しく成長し、感謝や思いやりを覚えます。

それは厳しい冬を越え、人として満開の桜を咲かせている状態ではないでしょうか。

だから若いうちの苦労は買ってでもしろ!です。

自分自身も。選手や会員達にも、我が子にもそんな人間に育ってほしい。

我が子の名は 高橋桜。清く正しく咲き誇れ!(^^)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧