また一つの気付き

高橋イズム

「先手をとる。」僕からすれば、これはボクシングで勝つ為には当たり前の事です。
僕はボクシングだけでなく、できるだけ挨拶も先手をとるように心がけています。
先手をとる意味は自分のペース、主導権をとれるという事です。
人に合わせて付き合うのはキツイものです。
仕事だってやらされるより、自分から進んで自主的にやった方が楽です。
そんな話しを会員さんとお話ししました。
その会員さんは自営をされていて、ボクシングで学んだ事を仕事の中で実践しているそうです。(^-^)
僕自身もボクシングで学んだ事を人生に生かそうとしています。
話しは変わりますが、僕の教えるボクシングにまた大きな変化がありました。
構えから左ジャブを打つときの重心の置き方です。
「基本」として左ジャブ時は重心はあまり動かさない。でも、このやり方で注意する事は必ず相手のインサイドに入っていく事です。
詳しくはジムでお教えしますが、これにより安全且つ強い右ストレートが打てるようになります。
当たり前と思ってやっていた事よりもっと良いモノが見つかる事があります。
自分の考えに慢心する事なく疑問を持ちながらやっていく事に発展のチャンスが隠れているようです。(;^_^A マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧