内側。

高橋イズム

試合が終わり、気持ちがリラックスしているんでしょうか?今日はやけに小さな閃きや気づきの多い日でした。
日頃の材料探しを怠っていなければ、必ずこの瞬間がきます。
ボクシング的な事で言えば「力の抜きと入れ」をしっかりと指導する事ができました。
また、フィットネスの会員さんの動きからヒントを得て新しい戦法、ボクシングが生まれそうです。(^_^)v
人の姿、形にたいした差はありません。なのになぜ一流の選手と三流の選手がいるのか?
答えは内側の違いなんだと思います。「力の抜きと入れ」だって外から見ればほとんどの人には分からないはずです。
基本的なフォームや動きは大事です。でもそれだけではなく、その内側(内面的感覚)を教えることが大切な気がします。
ボクシングも人生もとどのつまりは内側にあり!なんだと思います。
これからも外側だけでなく内側もしっかり指導していきます!   マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧