章裕最後の九州大会。

高橋イズム

明日はインターハイ出場を逃した章裕にとって最後の九州大会(佐賀)第一試合目となります。明後日からは応援に行きます。
気の抜けてしまった章裕に住吉、直人から激励の最後のスパーリング。僕と杉本先生からの最後の雷も落ち、この大会の意味を話しました。
充分伝わったようで次の日からは見違える練習を見せました。
ボクシングにおいて「情熱を燃やし続ける事」がその縮図としてアマチュア3ラウンドの試合に現れます。これは僕が章裕を指導していく中で学んだ事です。
「覚悟を決めて今できる自分のボクシングをやり抜く事」確かに相手の出方によってボクシングを変える場合もあります。その場合も基本的な軸となる部分は変わりません。
最後のこの九州大会が章裕の今後の人生にとって実り多きモノになるように願います。
もちろん目指すは優勝です!
    章裕!悔いの残らんよう頑張れ!!            会長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧