「高橋ボクシング」インパクト。

「高橋ボクシング」

パンチが目標に当たる瞬間をインパクトと言いますが、これはあらゆる打撃系のスポーツに共通する事です。
このとき大切な事は回転とシフトウエートとスナップによる力をどれだけ逃がさないかです。
このとき大事なのは拳のどこを当てるのか?その為に手首の角度はどうするのか?です。
フォームもスピードもシフトウエートもうまくできているのにパンチ力の無い人はここがうまくできていない可能性が大きいです。
関節とは本来、身体を動きやすくする為のモノですが、パンチに関して言えばこの関節のせいで力が逃げてしまう事があるという事です。
そこでインパクトの瞬間にこの関節をロック(固める)します。
例えばゴルフのヘッドが固まってなかったらフェイスにボールをうまく当てる事も遠くに飛ばす事もできないでしょう。
これをボクシングに置き換えれば相手の急所がボール。自分の拳のナックルパートがフェイス。ヘッドが拳全体。
ここで出てきていないのが手首(リスト)です。これをゴルフで例えるならヘッドとシャフトとのつなぎ目の部分です。
ゴルフクラブではこの部分は完全に固定されています。だけど人間のリストは固定されていません。
だから瞬間的にロックする必要があるんです。はじめからロックしてしまうと他の動きやスピードを出す事が難しくなります。
だけど順序としては、はじめからロックさせて打たないと力が逃げていないという感触や感覚が掴めません。
この感触や感覚を覚えてから「インパクトの瞬間的にロックさせる」事を練習する方が無難だと思います。
力を逃がさない当て方のヒントは「小指から」です。      マサ

  1. 弱々しい空手家

    前回のコメントはすいません熱くなりました。
    自分もパンチ力は無いです手も手首も大きく無いです。なので拳立てや握り込みやグリッパーで握力を鍛えてます!
    小指がヒント!?
    空手は小指から順番に握るのが基礎ですが違うかな!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧