得れば失う。失えば得る。

高橋イズム

何かを得れば何かを失う。何かを失えば何かを得る。最近よく感じる事です。
この法則は「正負の法則」というらしいのですが実際にその通りだと思います。
僕にしろ選手達にしろ下関ジムを始めてからは大変だし、辛い思いもするし・・
でもその分成長するし、得るモノもデカい!
ボクシング自体、他のスポーツと比べてもかなり過酷なスポーツ(スポーツと呼べるのか?)で根性、度胸、忍耐を必要とするモノです。
このボクシングに青春を懸けている選手達が失うモノは大きい。皆が寝ている間に走って。皆が遊んでいる間に練習。当然皆と同様に仕事もある。
だから人にはない大きな成長があり、感動があります。そしてその経験が人生をより豊かなモノにするんだと思います。
僕は思います。ボクシングをやってきて良かった。そしてこれからもボクシングをずっと指導していこうと。
自分の好きな事で人に迷惑を掛けず、「人の為」にやっているかぎり、その努力はきっと実を結ぶと思っています。
「自分を捨てれば何かを得る」気がします。私心を全て捨てる事は難しいですが、極力、無理矢理(笑)でもそのように動いていこうと思います。
「何が大事なのか?」を考えずに短絡的に自分の好きな事ばかりで生きていると失うモノがあると思いますから・・           マサ
PS
長い間ジムに通ってくれた会員さんが結婚退ジムします。別れは寂しい。だけどきっとまた新しい仲間が見つかる!新しく自分を生かす場所が見つかる! 失えばまた得るッスー!(T_T)

  1. 弱々しい空手家

    退会しても思い出やその人の人生の一ページとして積み重なりますよ。失なわい思い出や経験をしていつか創立記念のパーティーにOBとして参加されたりその人の子供がジムに入ることもあるでしょう。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧