原因を探る事。

高橋イズム

先日、一旦停止違反で切符を切られました。隠れて見てないでそこに立って注意するのが警察ちゃうんかいっ!(怒)と思いながらも今日は罰金を払いにいきました。
7000円の罰金で未然に大事故を防いだと思い心を静めます。(-_-)しゅー
その後選挙の不在者投票や支払い等を済ませて病院へ。
この暑さによる身体的ストレスとここ最近の度重なる小さな問題での精神的ストレスが相まって体の調子がおかしかったんです。
約6年半前、門司ジムをオープンして気合い入れまくりの4,5ヶ月目に甲状腺亢進症のバセドウ病で倒れ、入院した事があります。
入院当初は薬を毎日8錠でしたが今では2日に1錠という最小の量になっていました。
検査の結果、数値は上がっていました。(悪いです)
薬の量も毎日3錠に増えました。
体は正直です。無理はいかんし、背負い過ぎもいかんと注意されているのかもしれません。もっと強くなりた~い(>_<) 何事も「因果応報」間違った考えを持っていれば頭を怪我する。(昔の僕は頭に大怪我して引退)目を酷使すれば目を悪くするし、姿勢が悪いと腰痛になるし、歯を磨かず甘いモノばかり食べれば虫歯になるし、運動量に合っていない量の食事を採れば太るし・・・ ボクシングでも、できない!弱い!遅い!等には原因がちゃんとあります。 ただ直したりするのではなく、根にある原因を突き止めて指導するようにしています。 例えば「脇開くな!」「後ろに手を引くな!」というのは簡単。「なぜ脇を開くのか?」「なぜ手を引いてしまうのか?」を探すのが僕の仕事。 僕の仕事を「ボクシングカウンセラー」って言ってもいいかも?(笑) 自分の事も何がいかんのか?よく考えて早めの対処を心掛けます。                               マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧