「高橋ボクシング」ベクトルと同調。

「高橋ボクシング」

下半身、上半身、パンチのベクトルを同一方向に合わせる能率的な動きが僕の追及するボクシングの基本の一つ。
こうする事によって力のロスが生じない。言い方は悪いかもしれないが省エネできる。その分多く動く事ができるし、たくさん打つ事ができる。
力は最小限にして最大の効果を生みたい。その為には相手の力との同調も必要だ。
ジャブにしろ、ボディにしろ「すべてのパンチがカウンター」になっているというのが理想的。(タイミング的に)
そういった練習法も試している。(ミットの持ち方で)
指導者や経営者にとっても選手や従業員との心のベクトルを合わせる事や相手や時代の流れに自分を崩さずにうまく同調させる事が必要ではないかと思う。         マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧