「高橋ボクシング」ボクシングの基本とは。

「高橋ボクシング」

ワンツーが基本だと皆に言います。練習を始めて一番初めに習うパンチです。(厳密に言えばジャブから始まりますが・・)
本当はジャブから本格的に教えたいのは山々なのだけど、全体のバランスをとる為にも、ボクシングの全体像を掴んでもらう為にも即ワンツーに入ります。
欲や本能的な考えを抑えなければ、僕の指導するワンツーは正しく打てません。
昨年から復帰した白石がずっとこのワンツーに取り組んでいますが、なかなか思うように打つ事ができません。
住直にしても僕からのとりあえずの合格点が出るまで3年は掛かっています。それでもまだまだ完成はしていませんが・・
逆に言えば、それだけのレベルのワンツーを「知っている」という事です。
このワンツーを習得すれば大きな武器になります。でもワンツーを基本とするのにはまだ意味があります。それは「難しい」という事に他なりません。
僕はフックやアッパーは比較的簡単であると言います。それは感覚的で本能的なパンチであるからです。
僕的に「ストレート」とは理性のパンチだと言えます。技術的な多くの知識を理解し、いかに欲を抑え、理性的かつ冷静に打てるのかがポイントです。
心身をコントロールしなければいけない非常に難しいパンチです。ここで言っている「ワンツー」は、あくまで僕の指導する最終的な「ワンツー」に関しての事なのでご理解ください。
この難しさに取り組む姿勢こそが人生に取り組む姿勢と同じような気がします。それは選手としての第一の関門とでも言えます。ここをある程度までクリアできない者にボクサーとしての先はないと僕は考えます。
要するに心のレベルがそこまで達していないとみなす訳です。これは毎日のロードワークなどにも言える事です。
その課題を乗り越えた事が喜びとなり自信となり、また次に現れる課題や苦難を乗り越えようとする力(バックボーン)になります。
ボクシングの基本とはとどのつまりは追求心や向上心といった「心」であるという事なのです。その情熱なくして成功はなし! ボクシングは正に人生の縮図であるのだと思います。              マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧