情熱。

高橋イズム

このブログで稲盛和夫さんの成功法則に「情熱×能力×考え方=成功」というのモノがある事を何度も書いている。そこに僕は「時期」というモノを付け加えるのだが・・
その中でも一番大切なのは以前にも書いたが「情熱」かもしれないという話しを会員とした。
指導者として各自の能力や考え方を把握し、地道な指導でそれらを上げていく事。そして目標設定(成功イメージ)を促す。
能力を上げる事も考え方への指導も今までずっとやってきた。一番難しいのは「情熱」を持たせる事とそれを維持させる事だった。
以前に僕のオーラを撮ってもらった事がある。僕の根本的なオーラは「赤」。これは情熱を表すらしい。自分自身でも納得がいく。好きな事にはとことんこだわるし、ボクシングには人に負けない情熱をずっと持ち続けている自信がある。
選手として、指導者として、「情熱」なくして成功はありえないと思う。当然そこに能力や考え方、時期なども必要なのだけど・・
「情熱」=「やる気」。どうすればやる気が起き、それを維持させる事ができるのか? これはオーラ的に言えば人間として生まれ持った質とも言えるのかもしれない。だとすれば変える事は不可能? 選手を目指す者達に対して僕が今も尚、考え続ける課題だ。             マサ

  1. KENSIN

    最近はあらゆる面でフヌケ気味でした。
    今日のお話で少し目が覚めました。
    後は顔つきでお答えできればと思います。
    ・・・・どうだろ(笑)

  2. 会長

    情熱を持ち続けるには、しっかり心の勉強して「今できる事」をやっていく事やな。
    顔をビール瓶で殴って鍛えるときは、遠慮無く言ってこい!(笑)

  3. 栄二

    会長!
    俺も赤でした~~~~。
    最近
    会長の影響で毎日
    スピッテから
    一日を終えるようにしてます。
    押忍!

  4. 会長

    いやいや、栄二さんも絶対赤ですよ~ 
    ボクシングも経営もとどのつまりは心です。
    それに気づかない時期もありましたが今では・・
    僕は何処に向かうのでしょう?(笑)
     

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧