勉強と実践。

高橋イズム

昨日の練習が終わり、選手らを連れてジョイフルへ行った。住直のボクシング指導を封印している今、月一ぐらいは方向性を確認してみる事にしている。
試行錯誤しながら二人が模索しているのを毎日見ているがまだ大きな変化は見られない。
ボクシング指導はしないが二人に考え方や心に関しての事はいつも話す。それは僕の経験や勉強からの知識だ。話す事、指導する事、ブログを書く事が今の僕の実践。
選手が研究し考えた事をリング上で実践する事と同じ。僕の勉強の成果は指導という実践を通して確認していく。
それはジムに通う会員らからも確認させてもらえる。ジムに来て、ブログを読み、ボクシングを習い、話しを聞き、明らかに変化(向上)が見られる人がいるととても嬉しく、やってきた甲斐を感じる事ができる。
会員でも選手でも、よく伝わる人と伝わらない人がいる。当然問題は伝わらない場合で、これは僕の力不足なのか、その人にはまだその時期が来ていないのか、といつも考えさせられる。伝わらないには伝わらない理由があるはずだから。
「勉強と実践」これが成長していく過程だと思うが、更に自分自身をもっと高める為には多種多様な経験が必要だと考えている。暖かくなってきたし、そろそろ動き出すか~!!               マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧