亀田戦。

高橋イズム

録っていた亀田戦を観た。驚いた。興毅選手にではなく大毅選手の成長に。
「内藤VS大毅」の世界戦。あの一戦以来、世間では「亀田」の名は一気に落ちた感があった。
しかし僕は、あの歳で良くも悪くも大きな経験を積んだ亀田兄弟がこの先どんな道を行くのかには興味があった。
あの試合一番の張本人の大毅選手。その後、彼に与えられた試練はかなり大きかったと想像できる。
興毅選手に関しての認める部分は多くあったが、人を軽視する行為や言葉を多く吐く彼と父親にボクサー、トレーナーとして好感が持てなかった。
そんな彼の立ち振る舞い、表情、そしてボクシングが大きく変化していた。それは変えざるを得ない状況によってもたらされたモノかもしれないが、理由はどうであれ彼は変わったと感じた。
僕は大毅選手はダメだと思っていた。伸びない選手だと思っていた。パンチや力はあるがセンスと度胸がない。そして心のレベルが低く人間力に欠けると感じていた。
相変わらずの亀田スタイル、覗き見ガードからのボクシングではあるがリードパンチや細かいコンビネーション、細かい距離の調整など今までにはなかった技術が見られる。相変わらず顎の引きはいい。
相手選手は元二階制覇の世界チャンピオンらしい良いボクサーだった。これまで彼が戦ってきた選手の中でも最強ではないかと思う。彼のボクシングの大きな向上は見られるものの、それでも勝てるのかは分からない危険な相手だった。その相手にKO勝ちした。落ち着いた試合運びに鋭いコンビネーション。相手の気迫やキャリアに負けない心。
これがあの大毅選手かと思う程の豹変ぶりだった。興毅選手の試合後のインタビューでは「ファンの為に」という言葉や「感謝」という言葉が何度も出ていた。彼には前からそんな部分はあった。だから一度は世界チャンピオンにもなれたのだと思う。
言葉で嘘はつける。だけどリング上で嘘はつけない。その人の心が、今までやってきた事がすべて出る。
「人にはその人が乗り越えられない試練は与えられない」とよく聞く言葉を思い出した。「彼は伸びない」と思っていた僕の見る目もまだまだだなと思った。今後の「亀田」に注目だ。      マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧