YES WE CAN。

高橋イズム

先程、NHKでやっていたオバマ大統領の軌跡となる演説に釘付けになっていた。
オバマの演説をきちんと聴いたのは初めてだった。演説の内容はもちろん、表情、しぐさ、声質、声のトーンや抑揚の付け方も素晴らしい。普通じゃない。
アメリカの民衆をトリコにしてしまう演説に凄い力を感じた。オバマの器を感じた。これ現実の人?みたいな錯覚まで起きる凄いカリスマ性だった。
オバマの言葉には人を惹きつける真理がある。一人の男がアメリカを、世界を変えようとしている。
ある演説では一人の小さな女性の話しから「世界を変える」壮大な話しへ。大統領就任演説では106歳の女性を時代と見立てて今までのアメリカ、これからのアメリカを語った。非常に強く厳しい。それでいて親しみや希望を感じさせる演説だった。
人を変える事は難しい。それでも指導者が皆を良き方向へ導く為には伝え、「感動」させる事が必要なのだと思う。それは決してテクニックだけの話しではなく、オバマの演説にはその力があった。
偶然目にした番組。今、僕に与えられた課題のヒントが多くあったように思う。             マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧