スパーリングパーティー10。

未分類

すべての試合を終え、しばしの食事タイム。その間にスタッフ全員で各賞の選考をしていました。
非常に難しく、迷いに迷った末に下した選考でした。またこの選考には相手の力量も必要不可欠な事もご理解ください。歳や練習態度などの私情は挾まず、冷静に理性のみで選びました。
ジュニアMVPは・・・「踊るボクサー、陸」!
(かわしては打ち、かわしては打つ。という集中力の効いたボクシングセンスが光った。)
敢闘賞は・・「頑張れ!大貴」!
(初めてのスパーリング大会で格上の相手に打たれながらも恐れずに前に出続けた姿勢にスタッフ一同一致の選考。)
技能賞は・・「下関のスピードキング洋仁」!
(中村塾長の猛攻に遭いながらも冷静にアウトボクシングを貫いた。この熱い試合がベストバウト候補にも推された。)
ベストバウト賞は・・「第十九試合・・ジュジュジュの潤一VS門司の貴乃花、輝」の一戦。
(MVP対決にふさわしくハイレベル且つ強い気持ちのこもった試合だった。ベストバウト賞には多くの候補があったがこの一戦に決定。)
そして最優秀選手賞(MVP)は・・・「ジュジュジュの潤一」一年ぶりの二冠達成!!
(対戦相手の輝やその他の選手の名前も挙がったが、彼の現状での最大限の「今できる事」を行った事に対する僕の評価で決めました。)
そして・・団体優勝は・・361対366の大接戦で・・

門司チーム優勝!!三連覇!!
               スパーリングパーティー総評へとつづく。  

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧