「高橋ボクシング」四次元指導法。

高橋イズム

「高橋ボクシング」が「二次元」から「三次元」を生んだように、この指導法は次元を越えているという意味を込めて「四次元指導法」と命名。
これをただのイメージトレーニングとは言いたくない。感性だけのボクシングでは完成度、ディティールを更に上げる事ができない。
感性主体で始めたボクシング。指導者になってからは更に理論を強めた。そして今、もう一度感性主体に戻ろうとしている。言わば僕の三段階目の挑戦だ。
人生に無駄はない。ボクシング理論を誰にも負けないという思いで高めた力が、今回の「四次元指導法」にも大きく生きている。
今日も門司ジムでは多くの会員、選手らに大きな変化が現れた。イメージを持たせる為に基本のワンツーを見せる→何度も見せる→全員に見せる→風邪気味だ→それでも見せる→数百発は打った→疲れた→風邪悪化→早く帰って寝たい→いやいや解決策を考えねば→あっ!!→D・V・D!!(笑)
ほんといい加減作らないと・・(^_^;)           マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧