明日は県大会。

高橋イズム


計画的な減量でリミットに入れて、今日の練習は薄着で調整した直人とギリギリにならないとやらない住吉の対照的な二人。
前にも書いたが今回の県大会での一番の敵はモチベーションの上げにくい減量。本当の戦いはこの先の中国ブロック大会にある。
だけど、これからのボクシング人生で二人が勝ち上がっていく為には、正しい減量法を身に付ける必要がある。
人それぞれ性格も体質も違う。だから減量の方法が違っていても不思議じゃない。まだまだ失敗もするだろうし、間違えもしながら学ぶだろう。
現役ボクサーにとっては、正しい減量とは何かをしっかりと考える必要があるのだと思う。
この減量との戦いも一つのキャリアだとも言える。二人が勝ち上がっていく為に避けては通れない試練。「今できる事」の中で常に向上を目指せ。
明日の試合も気を抜かずに「今できる事」の中で何かを掴むチャンスがあるかもしれない。       マサ
PS 明日は豊国キャプテン喬之と初の公式リングに上がる下関トリオが練習試合に参加。彼らにも大きな学びがある事を願う。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧