概念。

高橋イズム

僕は幼い頃から自分の事を普通ではないとずっと思ってきた。だから普通に会社員になったり、就職したりするのは違うと感じていた。
学校での集団生活も苦手だった。チームプレーにも向いていなかった。人から使われるのも嫌だった。
だから、いつかは生まれ持った運動神経や探求心、負けず嫌いな性分を生かして何かしらのプロスポーツ選手になろうと思っていた。
そして様々な失敗や導きがあってボクシングに出会い、ボクシングトレーナー兼ジムの会長となった。
多くの人や親は、少しでも良い学校に入って、少しでも条件の良い会社に就職する事を望むのだろうと思う。それは何の為か?
僕とは違う人生ではあるけれど、それも一つの人生だとは思う。だけど、それだけが人生だと思っている人があまりに多くいるのではないだろうか。
皆が皆、特別な仕事ができる訳ではないとは思う。それでも今の自分に与えられた状況や環境、子供達の特質や可能性をよく見てほしい。
きっと人それぞれに与えられた自分自身を最高に輝かせる事が見つかるのではないかと思う。
常識的な、保守的な考え方からはそれは見つけにくいように思う。
住直はボクシングを通じて「人間力」や「心」を高め、「チャンピオン」を目指している。それも一つの人生だ。
人と違うからと恐れたり、心配する必要はないと思う。高い心や人間力を持った者が路頭に迷う事はないし、人が放ってはおかないだろう。また、懸命に努力していく中でどんな逆境をも乗り越える力を身につけていく事だろうと思う。
ボクシングでチャンピオンになる為に必要なのはお金でもコネでも学歴でもない。いるのは「人間力」と「強さ」だ。どんなに後押しされようが、お金を積もうが、チャンピオンにはなれない。
厳しい世の中を生き抜いていく為に必要なのも、やはり「人間力」と「強さ」だと思う。
人それぞれに持った「概念」がある。小さな概念から大きな概念まで。僕はその概念を疑い、より良い概念を身に付けていきたいと思っている。それが人としての向上ではないかと思う。
長くなったけれど、今日は盆休みで門司ジムに遊びに来た住吉の同級生の元会員Yとそんな話しをした。
彼の概念も今、大きく変わりつつあるようだった。     マサ

  1. かみやん

     普段、夢は見ないが、刑務所に収監される悪夢を見た。
     そこで夢の中で私は「この期間で、自分を見つめ直そう」と考えた瞬間、目覚めた。
     最近、何か起こると「これは私にとってどんな意味や導きなんだろう」と考えるようになった。
    この考えは、会長の影響が強いなと感じ、ブログを見た次第だ。
     今、甥っ子「ジョー」には
    >「多くの人や親は、少しでも良い学校に入って良い就職をする事を望むのだろうと思う。」
     私も同じで、はっきりと「勉強して、公務員になりなさい」と言っている。
     成功体験が少ない私は、自己の失敗を堂々とジョーに話している。
    ある本で、「成功体験の皆知りたがるが、その成功は努力がたまたま実り、その人だけ適応された成功体験である。失敗は誰にでも当てはまる共通体験で、失敗から学ぶ事が多く、今後、いかに過ちを二度と犯さないかか大事」と書いてあった記憶がある。
     ジョーには、自身の努力と才能で道を切り開いて欲しい。
    私は、自身が体験したことを少しずつ話そうと思う。
    佐世保に帰り、彼との時間ができたのは幸せに思う。
     ジョーに「人間力」や「心」を高めるには、私自身の成長が今、すごく求められている事を感じる。
     仮に、彼が公務員になっても、人の痛みがわかる人間になってもらいたいし、自己都合しか言わない官僚になってもらいたくない。
     人生に失敗、成功があるが、全て順調に成功、成長してほしいと叶わぬ願望を描くのが間違った「親心」ではないかと思う。

  2. 会長

    「成功体験を皆知りたがるが、その成功は努力がたまたま実り、その人だけ適応された成功体験である。失敗は誰にでも当てはまる共通体験で、失敗から学ぶ事が多く、今後、いかに過ちを二度と犯さないかか大事」という本にはかなり曖昧な部分が多いね。
    僕は成功も失敗も「たまたま」なんて事はないと思います。
    なぜ努力が実り、成功する者と努力が実らず失敗する者がいるのかを自身の身を以て体験しました。
    だけど、人生の中で求める者には何度でも敗者復活のチャンスが与えられるように感じます。
    夢の中で見た「刑務所」ってのは、自分自身を縛る古い概念なんかもね。
    でも、かみやんも大きく概念が変わったね。概念変われば人生変わる!って感じでしょ?(^^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧