天孫降臨の地。

マサ、心の旅紀行

高千穂には「天孫降臨」という神話がある。天皇は神様の子孫が故に崇められているのだそうだ。始めて知った・・(^^;)
その天皇の初代「神武天皇」が降臨したのがココ高千穂の峰であったと言われているのだという。たぶん・・

はじめに向かったのは「天岩戸神社」。言うならばココに来る為にはるばる宮崎の高千穂にやって来た。

鳥居をくぐり参道を進む。右手に本殿の入口が見えるが、また後で・・

約50メートルほど進むと一般道に出る。10分ほど進むと八百万(やおよろず)の神々がアマテラスを洞窟より出す為に相談したという「天安河原」がある。

 つづく。

おまけ。アマテラスオオミカミが隠れた洞窟の岩戸を投げ飛ばしたという天岩戸神社鳥居前にあるタヂカラオノミコトの像の前で。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧