スパーリング大会。12 総評

高橋イズム

今大会で門司フィットネスボクシングジムのスパーリング大会も四回目となりますが、毎度ながらに大きな学びがあります。
先でも言いましたが、スパーリング大会での対戦相手は「敵」ではありません。相手は「与えられた課題」です。これは両ジムの会長であるからこそ強く感じられる事でした。
厳しい事を言いますが、中には「相手を倒してやる」「俺の方が強い」と相手に対しての敵対意識を持っていた人も数人いたようです。
こうなるとどうなるか。無駄に力が入り、硬くなって普段の力が出せません。試合に向けて何故かモチベーションが下がる人もいたでしょう。不安や緊張感が強くなる人もいたでしょう。何故か?
それは自分自身への「挑戦」という思いではなく、相手に対してへの思いが強かったからなのだと思います。僕は試合前の選手らに「今できる事」「人の為に」とよく言います。
思いが相手ではなく自分の中に向いたとき、人は集中し、大きな力が出せるのだと僕はジムを開いて選手らと共に戦いながら気づきました。
「自分次第」それに気づくまで、たぶん人は何度も何度も失敗を繰り返すのでしょう。目に見えない力が「はやく気づけ!」と言わんばかりに、何度も何度も失敗や逆境を与えてきます。これは僕が半生を通じて学んだ確かな事です。
正しい心と努力で大会に臨めた人は素晴らしい試合を観せてくれました。その思い、その努力は正しかったという事だと思います。逆にうまくいかなかった人も自分の何が間違えていたのか?何が足りなかったのかを反省し、次に繋げるチャンスです。決して誤魔化したり逃げたりしてほしくはないと思います。それが短期間でボクシングから大切な事を学べる方法だからです。
人は本を読んでも、人に話しを聞いても、失敗という経験が無ければ大きく学ぶ事はできません。僕も、選手らも負けてこそ、失敗してこそ真に学びます。
当ジムのスパーリング大会はただのお祭りではありません。失敗から何かを学び、成功からも何かを学ぶ。その為に「門司フィットネスボクシングジム」のスパーリング大会は行われています。
今後も半年に一度、スパーリング大会は行われていきます。皆がボクシングから多くを学び、人生に大きく役立ててくれる事を願っています。
                        会長 高橋正行

門司ジム優勝!

下関ジムも優勝!の同点優勝!!
306対306ってこんな偶然も凄いと思います。これにもきっと「どっちが勝つか負けるかって問題じゃないんだよ」というメッセージのようにも取れますよね。

  1. 啓助

    明日やっと久しぶりに、
    登校を認められました。
    前までは、
    スパやマスの実戦練習が
    一番大切だと思っていました。
    でも何もできないこの一週間、会長に言われた事を
    頭に入れ、しっかり
    考えました!
    九州大会まで約3週間、
    焦らず、とにかく基礎を
    しっかりして、
    本戦を迎えようと考えました!

  2. たったの4分間ですけど、その4分間を何日も振り返る。
    スポーツってそこが良いです。
    インカレに出てた頃、たった一本のスパイクミスに泣きました。なぜ外したのか、今でも振り返ることがあります。
    スポーツって若い頃を思い出せるし、若い頃に戻れます(気持ちだけだけど<笑>)

  3. 会長

    失敗や過ち、達成や成功でさえ振り返り反省する事は必要だと思います。
    ただ「勝った負けた」と目先の勝ちにだけ囚われてスポーツやボクシングをするのではなく「心の向上」を目指す事がスポーツをする本当の意味ではないかと思います。
    失敗や過ちから多くを学びます。だから僕は過保護に選手らの失敗や過ちを避けさせようという思いが徐々に無くなりつつあります。
    ボクシングを始めてから紆余曲折、波瀾万丈の約20年。僕がボクシングから学んだ事は本当に大きいです。

  4. かみやん

    「相手を倒してやる」「俺の方が強い」→反省してます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧