基礎の見直し。

高橋イズム


今日は門司ジュニアスクール。

スパーリング大会で感じた「基礎の見直し」を決行!鋭いワンツーを打つコツを教える。

後は、反復練習と、それに伴った改善あるのみ。
ボクシングに限らず、「心の勉強」をして心の基礎知識はあるものの、実践していかなければ、「知識」はただの「知識」にしかならない。
得た知識は経験してこそ、本当に自分のモノになる。
「知識」をただの「知識」に留めず、実践していく事が何より大切だ。僕に少し人と違うところがあるとすれば、それは得た知識に対する実践力だろう。
本を読んで良い事が書いてあれば、人の話しを聞いて良いと思えば、すぐに実践に移す。そして改善していく。ある意味単純とも言えるかもしれないが、この単純さは僕の一つの能力だと思っている。
今日はジュニア達に、もう一度「因果」の話をした。間違いを犯し、何度も嫌な思いをするのも、ある意味、必要な経験。そんな経験があってこそ、本当に理解するときがくるのだとも思う。
ボクシングと同様に「基礎」を忘れず、実践し、日々改善していく事が人としての確かな向上に繋がるのだと思う。       マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧