WBA Wタイトルマッチ。

高橋イズム

今日のWタイトルマッチはとてもスリリングで面白かった。日本人同士のタイトルマッチってお互いに、よく知っているだけに強い意地があるからだろう。
今日は流して観たんで、気になった技術や戦術的な部分は、またゆっくり観て参考にしてみようと思う。
「ボクシングは才能のスポーツ」なんて言われるけど、確かにそういう部分も多いが、「努力勝負」みたいな部分も確実にあるように思う。
それが「因果の法則」であったり、「正負の法則」であったりする。
だから、タイトルマッチをする選手は大きな正(タイトル)を得る為に、どれだけの負を背負えるかと、死に物狂いの練習や走り込みをするのだと思う。
今日勝った下田選手にせよ、内山チャンプにせよ、きっと相手選手以上に「努力」をしてきたのだろうと思う。
それがリング上で表れ、そして結果として表れる。仮に負けても、懸命に積んだ「努力」は後に違う形で、きちんと返ってくるように思う。
だから僕は「ボクシングは心のスポーツ」なのだとよく言う。     マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧