最先端。

高橋イズム

今、「左フック」に大きな向上が感じられている。この技術により、すべてのパンチをKOパンチへと昇華させる可能性がある程の重要な向上だ。
日々、高まる「高橋ボクシング」。なぜ向上が止まらないのか?それは自分で考え、見つけた僕の中での最先端技術や戦術、指導法を選手に限らず、全会員に指導し続けているから。
「もうこれでいい」と満足してしまう事はない。それでも、確実に向上したという手応えに小さな感動がいつもある。
その小さな感動を求めた、あくなき探求心こそが、向上を止めない秘訣なのかもしれない。また、「人の為に」という思いで最善の指導を本気で行っていく事で更なる疑問や閃きが起こる。そんな利他的な思いも向上する為に必要な要素なのだと思う。      
ボクシングも、人としても、日々、最善を尽くし、「人の為に」 自分の限界を超えていきたい。 マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧