若貴、決勝戦。

高橋イズム


貴。

1年生にして優勝。

若も

優勝。
門司フィットネスを離れ、多くの気づきや学びをしている様子の若貴。人には向上する為にベストな環境や試練が与えられているように思う。
苦しい事も辛い事も悲しい事も、それらは自身の何かを改善し、乗り越えていく事を促している。
日々起きる出来事に偶然はないのだと思う。それらの課題や試練から逃げず、誤魔化さず、日々改善や努力の積み重ねこそが、輝く未来を築いていくのだと思う。
山口さんや川谷さんの若貴を無条件に応援する姿が、僕にも何かを教えてくれたような気がする。
「今日の試合どうでした?会長に僕らの成長を見て欲しかった」と若が言った。
ボクシング的に、どこか落ち着いた部分、大人になった部分が感じられたと話した。
それでも課題は残る。その課題を一つずつ改善し、更なる進化を目指す事は、「人として」日々起こる課題や苦難を乗り越えて向上していく事と同じだ。
門司フィットネスで毎日学ぶ住直。学校とジムで学ぶ啓助とつかさ。ジムを離れ、他の学校で学ぶ若貴。ジムとバイト先で学ぶ裕一朗。青年海外協力隊で働く白石。その他にも、反発し、ジムを去った者も、試練を乗り越えられずに去ってしまった者も、これまで指導してきた多くの選手達がいる。
「人として」持った課題は皆違う。だからこそ彼らの人間的成長に最適な、皆違った環境や状況、出会いが与えられているのだと思う。
いつも指導ができる者もいれば、たまに会って話すぐらいの者もいる。ブログで伝えようとする者も、ただ見守る事しかできない者もいる。
それでも、彼らはみんな、僕のかわいい教え子に違いない事を強く感じた県大会でもあった。  
近くにいても、遠くにいても、彼らの「人間的成長」を願い、応援していきたいと思った。    マサ

  1. 僕らの試合を見てくれてありがとう御座いました、ジムを離れてから僕らは成長したなぁと思ってもらえるように自分の意志をもち周りの方々に感謝しながら練習に励んできました。
    正直どれだけ成長できたのかよくわかりません。でも最近では翼との喧嘩も少しずつなくなってきたと思います。
    少しは成長した証なのでしょうか?
    まだまだ未熟な僕らですがこれから出てくる課題を乗り越えてボクシングも人間的にも大きく成長していけるように頑張っていきます!
    山口さん達や川谷さん達の応援も凄く力になりました、ジムを離れたいまでもこうして応援してくれる方々がいてくれて嬉しかったです。そしてなにより変わってなくて安心したと言ってもらえて自分をもててるんだとじしんをもてました。
    本当にありがとう御座いました。
    住吉さんも直人さんも試合お疲れ様でした。

  2. 会長の話を聞きまだ自分自身とても幼いと思いました。
    日々の生活の中でいろいろ考えてやっていてもまだ会長のように深い所まで考える事が出来ません
    自分自身これからもっと成長できるように会長と同じく小さな事から始めようと思います
    県大会、ありがとうございました

  3. 会長

    入学式の日にジムに来た二人とした約束「流されない事」「自分を持つ事」「兄弟げんかしない事」「自分次第」。
    そんな約束をどれだけ守れているかが、試合を観て、話しをして、表情を見て、ある程度分かった。
    若貴にとっての今は「大きな学びの時期」である事に間違いない。
    日々起こる課題を前向きに受け止め、改善し続けていく先に必ず未来は輝くんやと思う。
    ずっと見守っていくけ、頑張れ!また九州大会(鹿児島)で会おう!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧