山口国体まで、あと4日。

未分類


国体まで、あと4日と迫り、最終仕上げ段階に入った。

このままではヤバイ・・という危機感から行った、昨日の臨時ミーティングで伝えた事をメモに取り、リングサイドに置いてマスボクシングをする住吉。

今日の練習に、その効果は明らかに出ていた。国体に向けて、やっと光が見えた気がした。ほんとに世話の焼ける奴だ・・(汗)

「高橋ボクシング」五手も手応え十分。

順調に向上し続ける直人も一階級落とす事で、体格とパワーの利を生かしたボクシングを目指す。

「今日でリミットに入れたい」と言う直人。今が一番キツイ時。

そしてリミットに入り、疲れを取る為の琉球黒酢とシュークリームを食す至福の瞬間。
全日本予選での減量失敗による住吉の負け、そして全日本社会人大会での住吉まさかの敗退。そんな二つの失敗から見つけた課題から、直人が住吉と階級を入れ変え、僕は「高橋ボクシング」の改善に懸命に取り組んだ。
減量のない住吉は、試合ギリギリまで技術戦術や意識を高める事に集中でき、直人はうまく減量をし、ボクシングの改善にも取り組んでいける。
僕らはチームとして、それぞれが持つ弱い部分や未熟な部分を支え合いながらチームとして、人間としての本当の勝利を目指していく。
明日の練習を終えて、もう一度、僕の自宅でミーティングをし、「いける!」というプラスイメージを更に高めて4日からの上関に乗り込みたい。
やっと光は見えた。あと4日。最後の最後まで諦めずに「今できる事」であがき続ける。
今度こそ、この山口国体こそ、住直二人揃って有終の美を飾り、応援してくれる方々に、山口県連の方々に喜んで頂きたい。      マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧