スタービーへ出稽古。2

未分類


二番手は輝。ここ最近急成長の輝の相手は、共に今度の九州大会に出るサウスポーのマサヤ君。以前に門司フィットネスでスパーリングをして以来二度目の対戦。

マサヤ君は長身のサウスポーでアマチュアボクシングとしては非常にアドバンテージの多いスタイル。西重会長の指導の下、以前より確実に力を付けている。

そんなマサヤ君を相手に一歩も引かず、前回より、一回目のスパー。時間内で改善し、一回目より二回目のスパーを充実させた輝。
課題は残るが、以前の自分に勝っている事が何より良かった。相手との勝ち負けに強く執着せず、昨日の自分より今日の自分。と日々自分自身に打ち勝っていこうとする姿勢が大切だ。

そんで、直人は中学生のリク君を相手。全日本前に大きなリングに慣れておこうというぐらいの気持ちでやってきたが、リク君のやりにくさにある課題が見つかった。「君、早うぃーねー」(^^;)と思ったそうな。(笑)

スタービーの西重会長、選手の皆さん、保護者の皆さん、ありがとうございました。近頃は、ジュニア達にとって、まさに切磋琢磨という関係が出来てきているように思います。価値ある出稽古になりました。
この後、帰りの車中で良かったトコロや反省点といろんな事を話しながら帰った。こんな時間がジュニア達の成長を大きく促していくように思う。     
PS 尚、次は13日(日)の夜にスタービーの選手達が門司フィットネスに出稽古にやってきますが、子供達の自立を促そうと西重会長との話し合いにより、次回の出稽古への保護者の見学は禁止とさせて頂きますのでご理解ください。         会長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧