幾つかの課題。

高橋イズム

最近、幾つかの課題が日々の出来事やテレビ、書籍を通して僕のアンテナにビシビシ引っ掛かってくる。
「自主性」  「自信」  「成果主義」  「保身」 など。
自分で考えて積極的に「自主性」を持って生きていかないと大きな成果も大きな人間的成長も望めないだろう。(これは僕の指導法への課題)
やるべき事をやったら、あとは開き直って「自信」を持って戦う事が大事。 不安な気持ちは心にブレーキを掛け、物事を失敗へと引っ張るように思う。
だけど不安は努力する為、人間的に成長する為の大切な心境でもある。
それがあるからこそ「今できる事」をし、自分自身を変えていく事にも繋がる。
僕にも不安な思いや嫌な事も幾つかある。それがなかったら人間じゃない。
新しいステージに対しても言い様のない不安感がある。
僕が本当に目指したいのは何なのか。もう少しで答えが見えてきそうだが、間違いなく言えるのは「成果主義」にならず、「世の為、人の為に」という思いや「人間的成長」を第一とした『人間主義』で生きていくという事。
だからといって「成果」を求めない訳じゃない。人間的成長の為に、人の為に、成果や成功を目指すという「動機」を忘れない。
誰でも大なり小なり自分を守りたがるモノだとは思うけど、極度な「保身」は逆に自分自身の人生を不自由で不幸なモノにしてしまうのだと思う。
「人は何の為に生まれ、死んでいくのか?」そんな目でこれらの課題を考えている。
最近溜まってた事をざーっと書いてみましたー     マサ

  1. 栄二

    ごもっとも。
    大人になるにつれ、結果主義になってます。
    が、会長達と出会ってから、変わった様な気がします。
    下関は、そんな輩が多いです。
    これからも、精進していきます。

  2. 会長

    そうですね。(^^) 「人間主義」の良さ、「成果主義」の悪さは、一回上を目指した事がある人だからこそ分かるんだと思います。
    世の中の多くは「成果至上主義」であったり、「物質至上主義」であったりしますが 「なんの為に生きるのか」 ここに目を向けて共に日々向上を目指していきましょう!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧