ビジョン。

高橋イズム

将来のビジョンをずっと考えてきたけど、今の状況や思考によってそのビジョンは変わってしまう。だから「人間的成長」といった精神的な目標しか持つ事ができなかった。
日々の仕事や生活の中で与えられる課題や試練を乗り越えていく事が大切なのも分かっているが、自らが決めた目標に向かう中で大きく成長していきたい。
選手達とプロボクシングの世界で戦っていく事を決めた今、これから3~5年後のビジョン、今から13年後、すなわち僕が50歳。そこまでのビジョンを持つ事ができた。
ただ、それ以降のビジョンが明確に浮かんではいなかった。
人は50歳までは「自分の為に」 50歳を過ぎれば「世の為、人の為に」 生きると良いという話しが、人やテレビ、書籍等から何度も僕のアンテナに引っ掛かってきていた。(ここでいう「自分の為に」は自分の人間的成長の事だと捉えている)
50歳までに目標を成し遂げ、人として大きく成長した後の次なるビジョンが見えれば、きっと「今やるべき事」が、もっと明確になる。
だから僕が50歳からできる「世の為、人の為に」は何かをずっと考えていた。
それが先日のガスト会談でのKの言葉に 「それだ!」 と、遂に50歳からのビジョンが見えた。
                   その話はまた・・        マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧