若貴W優勝。

「会員通信」

ジムから離れて約1年半。若貴が揃ってインターハイで優勝したと今日、若から電話がありました。
苦渋の決断で進路を決めたあの頃から、いろんな事があり、苦難もあり、努力もあり、成長もあり・・
今思えば、若貴には若貴の人間的な成長の為にちょうどいい環境と状況が与えられたように思います。
僕には僕の人間的な成長の為にちょうどいい環境と状況が与えられていると確信してもいます。
高校の入学時、不安いっぱいでジムに相談に来た若貴に言った。
「どんな環境に行っても染まらずに自分を持って、精一杯努力すればおまえ達ならたぶん2年か3年でインターハイチャンピオンにもなれるやろう。大丈夫。頑張れ!」って。
まだまだ続くであろう若貴のボクシング道。ちょっと普通の人とは違う環境の中、多くの学びを得ながらの成長はきっと、今の若貴にとってちょうどいいはず。
門司フィットネスから離れて気づいた事や学んだ事もたくさんあるだろう。
多くの負を背負い、成長し、成し遂げたインターハイW優勝。
そこからどんな学びがあったのか。今度会ったら聞いてみたい。
             若貴!優勝おめでとう!           会長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧