夏の特別授業。

今日の下関ジム

今日の下関ジュニアスクールは、真夏っていう事で・・    「海っ」!!

ジムに集まったジュニア達に「今日はいつものボクシング練習と先週みたいな夏の特別授業どっちがいい?」って聞くと全員一致の特別練習。ボクシングはいいんかい?笑 


海パンあったら泳げるんやけど・・でも今日はただの遊びやないんやどー

カニの穴を見つけて掘り出すジュニア達。

カニカニー 残念ながらカニは捕まえられなかったガニー 新入りのシンヤはまだ門司フィットネスのノリが分からないだガニー 笑

さあ!お遊びはここまで。あそこの柵にタッチして帰ってくるぞ。往復で700か800メートルぐらいかな。三人一組でのリレースタート!

リュウセイとヤスはいつもデッドヒート。 笑

アンカーのちびリクと・・

ルイの兄弟アンカー対決!

疲れたし、あちーいんでかき氷おごったろー 海の家のおじさんに交渉して500円まけてもらったー

車に乗る前によーく砂落として汗拭いてくれよー 服に砂がいっぱいついてる奴は服脱げやー

さあ!帰えんべ。ショーマ!風呂上がりの親父か!笑  
子供にとって、ボクシングの練習も大事だけど、家族や仲間達といろんな遊びや経験を積む事の方がもっと必要だと思う。
僕は基本的に押しつけの英才教育には反対だ。どこか偏った人間になりやすいと思うからだ。
中には、いろんな経験を積んだ末にボクシングの道を選ぶ子もいる。ボクシングで成果を出すだけの事を考えれば英才教育もありかもしれないが、全般的な人としての成長の為にはやはり前者の方がいいように思っている。
まだ自身の道を決める事ができない子供達にとって、ボクシングは様々な経験の中の一つに過ぎない。
ボクシング以外にも他では味わえないような経験や感動をできる限り与えていきたい。  マサ
PS お父さんお母さん、身体と心を作ってボクシングもしっかり教えるのでご心配なく。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧