関門ドラマティックファイトVOL.1まで、あと6日。

関門JAPANボクシングジム


今日から試合に向けてのイメージを明確にする為に、試合同様のテーピングとバンテージを施す。各自とのコミュニケーションを大切にして巻いていく。大事なのは自分本位な巻き方にならず、選手らの望む巻き方を施す事。

バンテージは通常トレーナーが巻いてやるが、僕は選手自身に任せる方法をとっている。いつもと同じように、そして自主的に、丁寧に、思いを込めて巻いてほしい。初めての正有にも見て覚えさせる。

最後のテーピングを固め・・

コミッションがやる確認サインを勝手に書くっ!笑

今日は試合と同様の8オンスを付けてのマスボクシング。一度経験している住直にも、入場からリングコールまで、試合と同じように模擬練習。準備不足は怠慢だ。思いつくだけ、時間の許す限り、「今できる事」をやっていくのが関門JAPAN及び門司フィットネス流。

8オンスの攻防に慣れておく。8オンスの危険性や力じゃない事、入りやすいパンチ、貰ったらいけないパンチ、など14オンスでは分からない事がたくさん分かる。
スパーリングとプロの試合の違い、正有はかなり感じられたんやないやろうか?違いを知る事や、それらに対する対策をたくさん知っている事が「キャリア」の一つとも言える。
               「準備がすべて」 いつもこの思いは変わらない。

真夏の窓を締め切った練習で汗まみれのリング。足をとられてしばし掃除タイム。

有正も住直先輩の8オンスでの戦い方を見学。

明日、8月14日(火)の朝日新聞山口県版に掲載される記事の取材を僕と選手全員が受けた。ご興味のある方は是非読んでみてくだサーイ(^^)/ 北九州版にも載るかもしれないと言われてました。

直人、契約ウエイトの60キロのリミットを切ってパワーフードを食う!おめでとう!有正もリミットを切っている。あとは住吉・・減量はアクセル限界・・か?笑 まずまずうまくいってるみたいですので、ご心配なく。(^^)     会長

関門JAPANボクシングジム初興行「関門ドラマティックファイトVO1」略して関ドラまで、あと6日。一人でも多くの方に勇気と感動を味わって頂きたいと思っております。リングサイドは完売!一階自由席と二階自由席は前売り券と当日券がまだあります。(小学生無料、中高生半額) 夏の思い出に下関海峡メッセでの熱い闘いをお見逃しなく!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧