関門ドラマティックファイトVOL.1。

関門JAPANボクシングジム


更新遅くなってすみません。まだ心身の疲れが抜けません。(^_^;) 昼から協賛頂いた方々や各ジムにお礼の電話をし、家の用事もあったので、遅くなりました。
とりあえずのご報告。 海峡メッセ下関で行われた下関市で初のプロボクシング「関門ドラマティックファイトVO1」は1000人近い来場者による大盛況の上、多くの感動を与え、大成功の関門JAPAN初興行となりました!下関の歴史的な1ページになった事だと思います!(^^)/
これもTEAM関門JAPANの支えがあり、選手らの頑張りがあり、ご協賛や観に来てくださった多くの方々の応援があり、各ジムやコミッションのご協力があり、門司フィットネス会員の手助けがありでできた事だと感謝しております。
僕は自身の様々な経験や失敗から、ボクシングはただ勝つ為、チャンピオンを目指す為だけのモノだとは思っていません。
ボクシングに限らず、今回の興行も、子育ても、結婚や仕事、人間関係、怪我や病気も、この世に起こる出来事はすべて、人として成長する為に与えられている修行なのだと思います。
「乗り越えられない壁は与えられない」とよく言われますが、まさにそのとおりだと思います。
「人間的成長」という思いを持って臨むボクシング道であり、関門JAPANボクシングジム初興行への挑戦でした。
選手らには「応援してくれる人の為に勇気と感動を与える事が関門JAPANのボクサーなんだ」と言ってきました。
その為には、逃げたくなるような練習や睡眠時間を削った努力も必要になります。そんな厳しい毎日を送ってきた選手達の思いや波動がリング上から観客席へ届かない訳がありません。
こうして成しえた勇気と感動を与えるという彼らの使命。
若い彼らの指標となり続ける為にも、僕自身に与えられる様々な課題や試練から逃げる事はできませんし、人間的成長を求める事を人生の目的としているので逃げる気ははじめからありません。
今回の興行に向けて、彼らも人として成長し、僕も人として成長しました。その結果が今回の初興行大成功なのだとも思います。
お金儲けや自己顕示という我欲で成功を目指した訳ではないし、単純に成功したい、勝ちたいという思いでもありません。
成功や勝利は人として成長する為の手段であって、目的ではありません。やはり真の目的は「人間的成長」です。
そんな思いが、波動が、関門JAPANから発信され、多くの人に伝わり、あの会場の雰囲気を作ったのだと思っています。
これからも僕ら関門JAPANボクシングジムは、信じた思いを胸に、ボクシング界に、そしていつかは日本中、世界中に影響を与えるようなボクシングジムに成長していきたいと思います。
これからも、関門JAPANボクシングジムを応援宜しくお願い致します。   
                          関門JAPANボクシングジム 会長 高橋正行    
PS 明日から「関門ドラマティックファイトVO1」を前日の計量から当日の準備、四人の試合内容、片付け、終了 まで書いていくのでお楽しみに!

  1. 栄二

    会長、お疲れ様でした。しかし、疲れたわぁ。勇気と感動、少しは、感じてもらえたかなぁ?

  2. 会長

    「感動したー」ってたくさんたくさん言われましたよ。(^^)
    中には「自分も仕事頑張ろうと思った」って言ってくれた人もいるから勇気も少しは与えられと思います。
    いやーほんと疲れましたね。自主興行年三回は無理ですねー (^^;) 
    でも、栄二さんと手を組んで一大イベントをやったのは楽しかったです。
    悟空とピッコロが手を組んだみたいな感じですわ。ちなみに僕が悟空です。(^_^)v 

  3. 栄二

    俺が、悟空で、会長はクリリンでお願いします

  4. 会長

    親友ですやん!(#^.^#) クリリン フリーザにふわふわ浮かされて・・ボンッ ですやん

  5. 栄二

    親友けん、戦友でお願いします

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧